teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


King's Indian Petrosian

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 8月16日(水)21時13分12秒
返信・引用
  キングインディアンは白黒共に手が広く選択は
好みにわかれます
E93 King's Indian Petrosian
1.d4 Nf3 2.c4 g6 3.Nc3 Bg7 4.e4 d6 5.Nf3
0-0 6.Be2 e5 7.d5 (参考図)
アッサリとポーンを先に突いた変化です
黒のナイトの位置がクラシカルに比べてかなり
変わってきますから f5 の狙いは制限が掛かります
激しい変化は少なく少し地味な印象があります
7. ... Nbd7 8.0-0 Nc5 9.Qc2 a5(参考図)
黒のナイトは Nc5 がベストポジションになります
からポーンで追われない様にするのが寛容です
黒の a5 の意図は白から b4 を突かせない事です
9. . . Qe7 10.b4 Nce5 11.Ne5 Ne5 12.Qe5 f5
という手順でサクリファイを試した事があります
やはりピースダウンはかなり無理がありますね
キャスリングを後回しにして h3-Be3 の形なら
黒の Ne5 の強襲も手になる事も有りそうです
センターからのポーンストームを見せながらの
g7 ビショップで a1 のルーク取りが含みです
5手目に h3 と突き Be3 と指すのは形なんですが
h3 と一呼吸入れる様な手は緩手かもしれません
10.Bg5 h6 11.Be3 b6 12.Nd2 Bg4(参考図)
白の黒マスビショップは要なので c5 のナイトは
取らないものですが b6 の受けが多いですね
b6 の代わりに Ng4 と飛べば Bc5 と取るのが
勢いですかね 11. ... Ng4 12.Bc5 dc5 12.h3
Nf6 13.Ne5 Nd5 14.ad5 Be5 15.f4 Bd4
16.Kh2 g5 以下略
b6 と受けずにナイトを引いて f5 を仕掛けて
行くのも好みでしょう
10. .... Nh7 11.Nd2 f5 12.f3 f4 13.Bf2
参考図は今風という所で手は色々とあります
左ビショップのブツケはサバキ優先の指し手です
13.f3 Bd7 14.b3 Nh5 15.a3 Nf4
13.Qd1 h5 Bg5 などです
ビショップを出さないでのシカケもあります
11. ... Nfd7 12.Nd2 f5 13.f3 f4 14.Bf2
g5 15.b3 h5 16.a3
黒の f5 からのシカケはタイミング次第になります
玉頭攻めに行くには手数が足りませんね
 
 

King's Indian ed4

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 8月14日(月)19時41分0秒
返信・引用
  E94 King's Indian
1.d4 Nf3 2.c4 g6 3.Nc3 Bg7 4.e4 d6 5.Nf3
0-0 6.Be2 e5 7.0-0 ed4 (参考図)
黒からポーンを取るラインでサブラインです
私自身は指した事はなく指された事はあります
比較するのは Nc6 d5 Ne7 となった時の変化とです
ナイトの位置と黒マスのビショップがサバキにくいと
感じるなら取って見るのも一つの選択肢となります
主導権が取れない内は何を指しても容易でないです
8.Nd4 Re8 9.f3 Nc6 10.Be3 Nh511.Qd2 Nf4 12.
Rfd1 Nd4 13.Bd4 Bd4 14.Qd4 Ne2 15.Ne2 b6
16.Nc3 Bb7 17.Nd5 Bd5 18.cd5(参考図)以下略
ナイト飛びは筋ですが裁かせない指し方もあります
11.f4 Nf6 12. Bf3 Bg4 13.Nc6 Bf3 14.Qf3 bc6
15.Bd4 Qc8 以下略
GM が指すのはルークをよる手で定跡手順となって
おり ChessBase では30局ほど実戦例があります
e4 を守るのは f3 が堅実ですっきりしています
マイナーピースが居なくなりますから白も勝ちに
出るのは大変のようで若干ですが白が良いみたい
ただし黒がしっかり指せばドローで終わりますね
8.Nd4 Re8 9.f3 9.f3 c6 10.Kh1 Nbd7
(Nh5 11.g4) 11.Bg5 h6 12.Bh4 Nc5 以下略
9.f3 c6 のラインは Nc5 にでるのが形ですね
d6 のポーンが弱くなり狙われますが単純化だと
旨みなしならサバキは求めず少しでも局面を複雑に
なるよう誘導して何らかのアヤを求めています
黒の取る手に注目したのは7手目の Nc6 は疑問手
だから ed4 と指せとコンが言っているからです
人の指していた手はいまや疑問手だらけですね
評価の点は0.5ポイントほど劣るとのことです
8.Nd4 Nc6 9.Be3 Nd4 10.Bd4 b6 11.f3 Bb7
12.Qd2 Nd7 13.Bg7 Kg7 14.Rad1(参考図)
解析で Nc6 は疑問だと言ってしめした手順です
コンピュータが示した手順では誰も指していません
イーブン局面なのでしょうこれからですね
ナイトが d5 に飛べばビショップで取るしかないか
ナイトが中央に居座られて黒マスを抑えられれば
黒は敗勢で黒からの反撃は簡単には出来そうもなく
ドローが相当でどちらかのミス次第ですね
 

King's Indian Exchange

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 8月12日(土)19時53分54秒
返信・引用
  E92 King's Indian Exchange
1.d4 Nf3 2.c4 g6 3.Nc3 Bg7 4.e4 d6 5.Nf3
0-0 6.Be2 e5 7.de5 de5 (参考図)
ポーンを取る変化はクイーン交換が入り単純化に
向かうので上級者は避ける傾向にあります
センターポーンを取るのは e5 のポーンを取る事が
狙いとしてありまた取れますが簡単ではありません
黒はドローでも良しとの考え持っていれば簡素化は
歓迎するところで交換直後に取るのは疑問手です
9.Ne5 Ne4 10.Ne4 Be5
先走りますと代償なくポーンは取れませんセンター
ポーンの交換でひと段落となり白がキャスリングを
していないので局面の評価は白が劣ります
ポーンを取るにしても手順というものがあります
ポーン取りを見せて展開して行くのが正しいのです
8.Qd8 Rd8 9.Bg5 Re8 10.Nd5(Bf6?! Bf6
11.Nd5 Bd8 12.0-0 c6) Nd5 11.cd5
ピンを外してもナイトが跳ねて来れば取る一手で
交換後の局面は白の展開早くが黒より勝ります
黒はナイトを跳ねさせない c6 が本手となります
e5 を守る変化は重い気がします黒にとっては e5 は
ない方が駒の動きとキキがましますから相手の手に
乗って捌くのことが戦略としてなりたちます
8.Qd8 Rd8 9.Bg5 c6 10.Ne5 Re8(参考図)
ビショップでピンしてナイトの動きを牽制してから
ポーンを取った変化です黒もポーンダウンを解消
すべく e4 を狙いにして駒のキキを集めます
11.f4?! Na6 12.0-0 Nc5
ナイトを守ってポーンアップを主張するのは早計で
キャスリングをしないで戦うのはリスクがあります
11.0-0-0 Na6(Ne4?! 12.Ne4 Be5 13.f4) 12.Rd6
Be6 13.f4 Nc5(参考図)
白はキャスリングしてから攻勢に出るのが王道です
ナイトが浮いていますが取る手は悪手となります
11. ... Re5 12.Rd8 Re8 13.Bf6 Rd8 14.Bd8+-
クイーンサイドキャスリングしないでナイトを守る
ポーン突きを先にするのは一見同じ様な局面ですが
白のルークは d6 にある方がオープンファイルも
抑えていることになりますから理にかなっています
途中にも変化は多数ありますから試すなら研究して
 

King's Indian Classical 10.Be3

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 8月10日(木)20時00分15秒
返信・引用
  E98 King's Indian Classical
1.d4 Nf3 2.c4 g6 3.Nc3 Bg7 4.e4 d6 5.Nf3 0-0
6.Be2 e5 7.0-0 Nc6 8.d5 Ne7 9.Ne1 Ne8 10.Be3
f5 11.f3  f4 12.Bf2(参考図)
ナイトを引く手は黒からの f5 と対峙するのですが
f3 での受け形が2種類あります f2 にナイトを置くか
ビショップを置くかで戦況は全然違います
ナイトを置くラインはもはや亡くなったようですね
ビショップのラインは今でも生き残っています
12. ... g5 13.Nd3 h5 14.c5 Ng6 15.Qb3(参考図)
g4 16. Nb5 Rf7 17.Rac1 Bf8?! 18.cd6 cd6 19.Na7  g3  20. hg3 fg3 21.Bb6?? Qh4 22.
Nf2? 0-1
白も正しい戦略を持って望まないと黒のアタックが
成功してしまいますナイトを d3 に出すのと
クイーンを出すのは余分であり疑問でポーンを
a5 まで突いてナイトで a7 を狙い取るのが最も
早い攻めでかつ有効で他の手では黒良しかも
白の攻めが少しでも遅れると黒に噛み付かれます
a5 まで突くのは Bb6 の出を含みにしています
12. ... g5 13.c5 h5 14.a4 Ng6 15. a5 Nf6 16.
cd6 cd6 17.Nb5 g4(参考図)
黒の玉頭攻めは迫力満点でそれゆえ採用しています
クイーンサイドを受けたゲームがありましたがピース
サクリファイスからポーンを押されて潰れました
その後からはクイーンサイドは全て手抜きです
後はひたすらキングサイドポーンを推し進めて
攻め合いを目指しています実はこの形の勝率は
良くありません黒での攻めは楽しいので必ず
玉頭攻めを行いますから対する白は人であれば
メイティングの恐怖から失着がでやすいのですが
ネットの相手は正確無比で手に淀みがないですね
アマクラスは受けも未熟ですから攻められるのは
嫌いでなので別の変化を選ぶのが普通なんですね
18.Na7 g3 19.Bb6 gh2 20.Kh2 Ng4? 21.fg4
Qh4 22.Kg1 hg4 23.Nc8 f3 24.Nd6 以下略
相手が人であればメイティングには失着もでます
24.gf3? g3 25.Rf2 gf2 26.Bf2 Qg5 27.Ng2
Rc8 以下略
恐怖を感じないで指している相手では勝てません
 

King's Indian Classical

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 8月 8日(火)19時41分15秒
返信・引用
  かなり研究しましたラインからです当時はメイン
ラインでしたがもはや誰も指さないと思われます
E99 King's Indian Classical
1.d4 Nf3 2.c4 g6 3.Nc3 Bg7 4.e4 d6 5.Nf3
0-0 6.Be2 e5 7.0-0 Nc6 8.d5 Ne7 9.Ne1 Ne8
10.Nd3 f5 11.Bd2(参考図)
プロレベルでは指す人はおらず排斥定跡ですね
10.Be3-f3-Bf2 と受けるのは指されていますが
当時の評価は構想的な疑問手と思われていました
11手目の Bd2 は誘いです f4 と突けば Bg4 で
白が良いというのが当時の常識となっていました
それで黒は Nf6 に戻る手となっていました
黒はナイトは e8 でも d7 でも Nf6 なら違いが
ないのですが知識がうる覚えの人もいます
11手目で f3 f4 の交換ならば黒の利になりました
この後の進行で白の攻勢を受けるために Ne8 を
指す局面が現れます動かさずに済めば黒は2手得です
11. ... Nf6 12.f3 f4 13.c5 g5 14.Rc1 Ng6 15.cd6
cd6 16.Nb5 Rf7 17.Qc2 Ne8(参考図)
この局面で86年頃にジャック・ピノ氏と対局しました
当時会長の松本氏が局後に「これはフランス定跡と
呼ばれてますからフランス人は詳しいんですよ」と
言ってましたね本当かどうかは疑わしいですけどね
チェスコン専用機のフォルテもこの局面からだったと
思いますが a8 のルークを犠牲に詰めたのですが
どうやったか思い出せませんね今思い返してみると
よくここからメイトに持っていけたなという感想です
18.Nf2 h5 19.Na7 Rc7 20.Ba5 Rc2 21.Bd8 Re2
22.Nc8 Rb2(参考図)
ネットでは1回だけ出くわしました相手は CM と
付いていましたから子供だったのかなドローでした
黒でしたけれど負けてもオカシクはなかったですね
19. . . . Bd7 20.Nb5 Bf8 21.h3 Rg7 22.a4 Nh4
23.a5 g4 以下略
当時はこちらの進行で指していたかと思います
ルークを c7 に回したことは有りませんでしたから
黒が玉頭攻めにできるので採用していました
何かの拍子にメイトできるかもしれませんからね
誰しもメイティングを受けるのは嫌なものです
そこで9手目は b4 がメインになって来ましたか
 

King's Indian 5.h3

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 8月 6日(日)16時37分24秒
返信・引用
  E71 King's Indian
1.d4 Nf3 2.c4 g6 3.Nc3 Bg7 4.e4 d6
5.h3 0-0 6.Be3 e5 7.d5(参考図) 7/30
最近は指さなくなりましたが昔に愛用してたした
ラインでここから g4 と突き攻めを見せています
キャスリングもせずキングサイドからの玉頭攻めに
力をいれていました国内レベルでは攻めた方が勝つ
事のほうが多いと感じていましたそして当時は
クイーサイドの攻めは攻めではないとの思いでした
ゼーミッシュの一種と思うのかクイーンサイドに
手を掛けてキングサイドがおろそかになります
エンサイクロペディアには載っていましたが亜流の
細かい変化まで研究する方はあまりいませんね
7. ... Nbd7 8.g4 Nc5 9.Bg2 a5 10.Nge2 c6
11.Ng3 cd5 12.cd5(参考図)
h3 の変化では Be3 と Nc5 は見合いみですね
対して白は c5 のナイトは取りません黒マス
ビショップは要駒ですから無くしてはいけません
黒は b4 の手は警戒がいるので a5 は重要です
黒がクイーサイドから来る変化はキングサイドに
キャスリングしても指せそうではあります
黒もキングサイドの玉頭攻めはいやでしょうから
腹をくくればロコツに反発する手順はあります
7. ... Ne8 8.g4 f5 9.gf5 gf5 10.ef5 Bf5(参考図)黒がクイーンサイドの駒の展開を優先すると白から
押さえ込まれるかもしれませんからキャスリングが
終わっいる黒は強く反発しても大丈夫でしょう
11.Nge2 Qh4 12.Ng3 Bg6 13.Qg4 Qg4 14.hg4 Nf6 15.Be2 Na6 以下略
クイーンが盤上から消えれば白はクイーンサイド
キャスリングも視野に入れることになります
どのみちキングを中央に置いては強くは戦えません
11.Nge2 Nf6 12.Ng3 Bg3 13.h4 h5 14.Bd3 e5
15.Nce5 Ng4 16.Ng5 Qf6 17.0-0 Nd7 以下略
私の感想ではありますが h3 の変化では f5 からの
反発を優先される方が実は戦いにくいですね
やはり白の陣形が整わない内から衝突が始まれば
キングが気がかりになりますからミスが出るんじゃ
ないかとつい弱気になってそれが盤上の手にも
現れてきて正確な着手は難しいですからね
対策がない方は f5 を突かないので楽しめます
 

King's Indian Saemisch 4

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 8月 4日(金)20時00分37秒
返信・引用
  ゼーミッシュで白のポーンの突き出しで h4 には
h5 がほぼ絶対の応手と見ています次の h5 と
突かれたら事件が発生したのと同じです
g4 からなら手抜きで反撃手を優先する事もあ
ります
E83 King's Indian Saemisch
1.d4 Nf6 2.c4 g6 3.Nc3 Bg7 4.e4 d6 5.f3 O-O
6.Be3 Nc6 7.Qd2 a6 8.O-O-O Rb8 9.h4 h5
10.Nge2 b5 11.g4?
悪手を咎めていない変化からです
bc4?(hg4 12.cb5 ab5) 12. Ng3 e5 13.d5 Nd4
14.Be2?(gh5 Nf3) Ne2 15.Nce2 hg4 16.h5
gh5??(gf3 17.Ng1)(参考図)
クイーンサイド攻めがボケで反撃になりませんでした
17.Nh5? gf3??(Nh5 18.Rh5 f5) 18.Nc3?? Nh5
19. Rh5 f5? 20.Bh6 Qf6??(Bf6 21.ef5 e4) 21.
Rg1 Rf7 22.Qh2 f4??(Mate10) 23.Bg7 Rg7 24.Rh8 Kf7 25.Rg7??(Qh5) Qg7 26.Rh7 Bg4?? 27.Qh6??(27.Rg7) Rg8 28.Qe6?? Bxe6 0-1
共にブランダーの応酬で途中にメイン10が出てたので
勝てたのはただただラッキーでしたね
白から gh5-Nh5 と受けるのが型と思っていました
ポーンが取れるなら取るのが正しい手のようです
前回の対局での解析を見ていたのが役立ちました
b ファイルを通しても手が足りないので変えてます
11. ... hg4 12.Ng3 b4 13.Nd5 e5 14.Nf6 Qf6 15.Be2? Nd4? 16.fg4 b3 17.a3 Ne2 18.Qe2
Qe6 19.Nf5 Bb7 20.Ng7 Kg7 21.Bd2 f6 22.
g5? f5 23.ef5??(参考図)
クイーンで取れば c2 でメイトなので先手でした
局面が忙しい最中に先手が後手なのかは重要です
1手の差こそが常に勝負のアヤなのですから
Rf5??(Qf5) 24.h5??(Rh3 Qf7) Bh1 以下略
白の11手目が良い例ですが皆が指しそうで実は
悪手というのはままありますそれを認識できて
いるかどうかはその後の勝率に決定的に影響します
ノートにしたためるかして覚えておくのは重要です
若い時と違って記憶力に陰りが出ていてなかなか
留めておけないのが残念なことです
若い時もですが一度で棋譜を丸覚え出来ていたなら
もっと高みに届けたかもしれませんね
 

King's Indian Saemisch 3

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 8月 2日(水)17時44分34秒
返信・引用
  ゼーミッシュの王道はキングサイドポーンの突き
出しての攻勢姿勢ですただ対策の用意もあります
攻め手が強力であるなら受けも極められています
E83 King's Indian Saemisch
1.c4  Nf6 2.Nc3 g6 3.e4 d6 4.d4 Bg7 5.f3
O-O 6. Be3 Nc6 7.Qd2 a6 (参考図)
8.g4?!(8.O-O-O ) Rb8 9.h4 h5
黒の受けの基本は h5 での受け止めで白に h5 を
突く展開が回れば黒の劣勢は免れません
キングサイドピースを展開せずに攻勢に出るのは
攻め駒が足りませんから何処かで手が戻ります
キャスリングを入れずに仕掛けるのが正しいのかは
微妙ですが入れてから攻めるのが基本のようです
キングサイドが固まれば黒は反撃に専念できます
黒のメインの反撃は e5-d5-Nd4 が第一候補です
10.gh5?!(10.g5 Nd7) Nh5(参考図)
キングサイドでポーンがスレ違うと攻めるのが
難しくなりから g5 とは突きこしにくいですね
11.Bh3 b5 12.Bc8 Qc8 13.cb5  ab5 以下略
キングを中央に置いたまま戦いに入って行くのは
勇気がいりますよね若い時にはキャスリングせず
とも読んで入ればいかようにも対処出来るとの
考えを持っていたものでしたしかしいろんな経験を
積むに従ってキングの安全性の向上は一手を掛ける
に値するとの認識へと変っていきました
8.Nge2 Rb8 9.h4 h5 10.Bh6 e5 11.d5 Na5 12.
Nc1 b5 13.cb5 ab5 14. Bb5 Bd7 15.Be2 c5 16.
dc6 (参考図)
フィアンケットに h6 でビショップのブツケに対して
解析では取れと出てきますがキング付近にクイーンを
呼び込む事になりますから何とは無しに気持ちが悪く
感じてしまうのが人の感情であり当然ながら手の
読みにも影響がでますから取らないのが多いですね
Bc6?(Bh6 17.Qh6 Nc6) 17.Bg7 Kg7 18.g4 hg4
19.fg4? Ne4 20.Ne4 Be4 以下略
キングの不安要素は局面が進むに従って脅威の
度合いが増してきますからその時になって慌てて
逃げ出すのは手遅れになっていることがあります
ポーンがないのは身を隠す場所がないと同じですね
戦いの前に不安を解消して望むのがセオリーです
 

King's Indian Saemisch 2

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 7月31日(月)16時55分48秒
返信・引用
  E84 King's Indian Saemisch Panno Main Line
1.d4 Nf3 2.c4 g6 3.Nc3 Bg7 4.e4 d6 5.f3 0-0
6.Be3 Nc6 7.Qd2 a6 8.Nge2 Rb8(参考図)
参考図から白の理想を言うなら h4-h5 の突きなら
白有望ですが対策を持っている人には通用しません
黒がモタツイタ指し方をするのなら完勝ですけどね
9.Bh6 Bh6 10.Qh6 e5 のビショップのブツケは
直ぐには取られて e5 から開戦となりクイーン1枚
だけのキングサイド攻勢では驚異とはなりません
キャスリングをしていないと出遅感は残ります
黒はナイトが e2 にあれば b5 からのシカケで
居なければ e5 から戦いを挑むことになっています
キャスリングではなくナイトが引いた変化からです
9.Nc1 e5 10.d5 Nd4 11.Nb3 c5 12.dc6(参考図)
ゼーミッシュでは e5 後のナイトは前に出て行きます
ビショップで取ればポーンアップと考えるのは早計で
11.Bd4 cd4 12.Qd4 Ne4 で収拾がつきません
13.Qe4 Re8 と進んだ事もありますけど黒勝ですね
ナイトが中央に居座られるのはなかり目障りです
12. ... bc6 13.Nd4 ed4 14.Bd4 Re8 15.Be2 d5
16.cd5 cd5 17.ed5 Rb4 18.Bf6??(0-0-0) Bf6
19.0-0?(参考図)
黒は中央で戦いが起こればキングが安泰なので強く
立向かえますからポーンの損失は気にしない事です
白キングが中央にあれば攻め駒を増やす動きから
何がしかの事件は必然的に起こってきます
19. ... Qb6 20.Kh1 Rb2 21.Qc1 Bc3 22.Qc3 Rbe2
23.Rab1 Qd6 24.Rfd1??(Qc6) Bh3?!(Rg2) 以下略
ポーンはポーンで取るのが正しいのだけれどナイトで
取った事もあります
12. ... Nc6 13.0-0-0 Ne8 14.c5 Be6 15.cd6 Bb3
16.ab3 Nd4 17.Bd4 ed4 以下略
センター付近での戦いは黒に分があると思います
9手目は Rc1 もありナイトを引くよりは展開が
優っていますただキングを動かさずにすむかどうか
9.Rc1 Bd7 10.h4 h5 11.Nd1 e5  12.Ne7 Nh7
13.c4 f5 14.Qb4 fe4 以下略
戦いながらキングサイドキャスリングをしないと
強きに前に出るというのはできないようです
黒のシカケも意外なんですが簡単ではないですね
 

King's Indian Saemisch

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 7月29日(土)21時01分34秒
返信・引用
  白でゼーミッシュを指さないのは全局的にバランスが
悪いと判断をしている為でポーンを突き出して攻めて
行くのが当初からの狙いであり手の流れなんですが
f3 を突いて h4 と g4 も突くというのはポーンだけで
6手も掛けているわけで感じとしては重いですね
そしてポーンを突いて行くだけでは潰せはしません
白では指さないけれど黒番では向かい合います
E83 King's Indian Saemisch
1.d4 Nf3 2.c4 g6 3.Nc3 Bg7 4.e4 d6 5.f3 0-0
6.Be3 Nc6 7.Qd2 a6(参考図)
8手目も岐路で白は方針を示さねばなりません
8.Nge2 なら Rb8-b5 か 8.Qd2 e5-Nd4 や
a6-Na5など色々と手が多いところではあります
8.Bd3 なら e5 のポーンの突き出しが手順です
e5 d5 はセットで突かないと技が飛び出ます
8.Bd3 e5 9.Nge2 Ng4(参考図)7/25
10.Bg5?! f6 11.fg4 ed4 12.Bf6?? 以下略
戦闘が始まればキングの位置が気になります
不安を抱えたままでは強く戦えないものです
守りを固める手段でゼーミッシュの選択は疑問です
言い古されたことですが攻撃が最大の防御です
キングサイドキャスリングするには手が掛かり黒が
キングサイドのポーンを進めて来るのが見えてます
E83 King's Indian Saemisch
1.d4 Nf6 2.c4 g6  3.Nc3 Bg7 4.e4 d6 5.f3 O-O
6. Be3 Nc6 7.Bd3 a6 8.Nge2 Rb8 9.a4(参考図)
ポーンをついた意図はわかりますね b5 の牽制ですが
ほとんど疑問手の類ですねキャスリングが勝ります
戦闘は必ず何処かで起こりますからキングを
安全にしてから対処したほうが理にかないます
黒の構えはクイーンサイドキャスリング牽制であり
本来の狙いは e5-Nd4 のセンターからの仕掛けです
9. ... Nd7 10.0-0 e5 11.d5 Nd4 12.b4 c5 以下略
キングズインディアン系では黒が f5 の反撃を
狙うのはセオリーと言っても過言ではありません
クラシラカルの変化では f5 からの黒の玉頭攻めは
ありきたりなんですがゼーミッシュでは稀ですね
まあ黒がクイーンサイドに手を掛けていますからね
アマでは固く指して受けて勝つというのは技量から
困難ではないかな攻め方の勝率が高いみたいです
 

レンタル掲示板
/29