teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ベノニNbd7

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 4月29日(土)21時16分11秒
返信・引用
  序盤戦では定跡のウル覚えは危険なんですね
そこかしこにトラップや地雷があります
A67 Benoni Taimanov
1.d4 Nf6 2.c4 c5 3.d5 e6 4.Nc3 ed5
5.cd5 d6 6.e4 g6 7.f4 Bg7 8.Bb5 Nbd7
自然な手の Nbd7 はECO All からありですか
Nfd7 で e5 の攻撃に備えなければならない
コンピュータ解析では Nbd7 9.e5 と指せと
出てくるので信用して採用してしまいますね
黒に有効な手段が出てきたとは思えないですが
白が e5 からの開戦を回避すれば黒の利です
9.e5 de5  10.fe5 Nh5 11.e6 fe6 12.de5
0-0 13.Nf3(参考図)
d7 のナイトは容易には助かりませんネット戦で
12. ... Ne5 13.Qd8 Rd8 14.e7 と進みました
ルークが助からないのですぐさま白勝でした
解析では 12. ... Rf3 の手段は ECO からですか
13.Qf3 Ne5 14.Qd5 or Qe4 ですかね
黒がエクスチェンジダウンで大変ではないかな
9.e5 de5 10.fe5 Nh5 11.e6 Qh4(参考図)
黒の唯一のカウンターではあります
12.g3 Ng3 13.hg3 Qg3 14.Kd2 Bc3 15.Kc2
ナイトかビショップが取れるので3ポーンと
ピースの交換は五分ですがピースがやや勝ります
ルークを取らずの Qg3 の肉迫は迫力ありますね
15.bc3 Qg2 16.Ne2 Qd5 17Kc2 Qe6
こちらの変化なら黒もやれるのではないかな
ミスを期待の仕掛けは相当のリスク大ですね
黒の選択はルークを取るほうが多いですね
13. ... Qh1 14.Be3(参考図)
局面の評価は白に分が有るとおもいますが
手の流れで言えばここからが本番ですかね
ナイトを先に取る変化も有ります
14.ed7 Bd7 15.Bd7 Kd7 16.Qg4 f5
17.Qa4 Kc8 18.Be3 Bc3 19.bc3 Qd5
こちらの変化は白がかなり大変そうですね
ポーンが無くなって行くというのは勝ち目が
無くなって行くというのに等しいですから
黒は研究して試すのも一つの手段でしょうね
Nfd7 とじっくりと指すのは e5 の開戦を
避けて持久戦に持って行ったとも言えます
 
 

ベノニBd7

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 4月27日(木)18時27分28秒
返信・引用
  ベノニの対局後の解析で以外な事をいうので
変化手順を取り上げることにしました
A67 Benoni Taimanov
1.d4 Nf6 2.c4 c5 3.d5 e6 4.Nc3 ed5
5.cd5 d6 6.e4 g6 7.f4 Bg7 8.Bb5 Bd7
7手目は好みが出る手です Nf3 も有望です
8手目のチェックは白のキカシと見ていて
採用するプレイヤーは多いですし黒が手順を
変えて対応すれば 8.Nf3 に還元しますし
King's Indan Four Pawns にも戻ります
8.Bb5 対しての応手は3種類が考えられます
チェックを防ぐ Nbd7 Bd7 Nfd7 の3つです
結論からいいますと Nfd7 が正着とされてます
しかしコンピュータ解析だと Nbd7 9.e5
と指せと出て来るのですが ECO からですかね
自然な手に見える Nbd7 は古くからあります
ECO All巻に記載があり亜流でやや疑問手かも
そこで Bd7 ならどうかと試す方はかなり
多いと思いますがこの手も亜流でやや疑問手です
やはり白からの e5 からの戦いを誘発します
急戦の心づもりがあれば仕掛けの手段となります
9.e5 Bb5? 10.Nb5? de5 11.fe5 Ne5
となれば黒が優勢となりますがミスを期待
するのはよく有りません 10.ef6 で白勝
9.e5 Nh5 10.Nf3
ナイトをソッポに追いやり Nf3 に跳ねて
センターを厚くするのが自然な手です
ポーンを交換を入れる変化と当たっている
ビショップ交換の組合せで手段も変わります
9.e5 de5 10.de5 Nh5 11.Nf3 0-0 12.Bd7
Nd7 13.g4(参考図)
一つの変化でナイトが逃げる所が有りません
白の形が崩れていますから直ぐには負けないと
思いますけど序盤早々にピースダウンになる
手の選択はやめたほうが良いと考えますね
白が g4 の変化の代わりに 12.0-0 と
安全性と確実性を選択とするのもあります
黒はセンターポーンを崩せないと敗勢です
12.0-0 Bg4 13.Qe1 a6 14.e6(参考図)
キャスリングが入ると即発が起こります
研究して指さないと潰れ易いですね
 

ドラマのチェス

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 4月25日(火)20時53分46秒
返信・引用
  日本のチェスシーンでは木の駒や木のボードを
使うという発想がないのが少し残念かな
ポジションをハッキリとは見せないのは
作れないからですかこれは万国共通ですね
2000年の製作の世にも奇妙な物語に
チェスを題材にしたのが有りましたね
ボードはオニキスで駒もオニキスだったかな
日本で作られたものでは頑張りましたか
ユーチューブで検索すれば見つかります
カスパロフ対ディープブルーを参考にしてます
日本人の元世界チャンピオンの設定は良しとして
チャンピオンの指し手は微笑ましく見ました
1.d4 d5 2.c4 e6 3.Ng5 Nc6 4.e3 Qg5
この後にチャンピオンの指し手を見せてやると
言って指した手は 5.Ke2 でした
ツッコミどころ満載なシーンが笑う所かな
60年代のスタートレックでのストーリーに
使われたオチだなと感じてしまいました
終了まぎわのポジションはオカシイですけど
チェスを知らずに作ったのでは無理ないか
ディープブルーがチャンピオンに勝った時は
パソコン自体がまだ高級品の価格でしたね
今やスマホのチップですら人を凌駕して
置き去りにしていくような性能のようです
コンピュータが無かった時代には想像さえも
しなかったことが起きては驚かしていますね
囲碁将棋ではコンピュータに負けるなんて
この先50年間はないとの大口が多勢でした
アマとプロの差が特に離れているのが
囲碁将棋と言われていたのを思い出しました
名人クラスの権威が落ちたのは寂しいですね
古い話で中原誠元名人の若い頃に写真撮影の為
スタッフのアマ相手に模擬対局をしたのですが
適当に動かしていただけで撮影が終わったら
名人がすでに必敗になっていたとかアマの人が
興奮していたため名人が親切から本気で指し
続けたけれどひっくり返らなかったそうです
美談として雑誌に載っていたのが懐かしいです
数年もすると名人上手がコンピュータに勝てば
奇跡としてニュースが流れるのかもね
 

チェスシーン

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 4月23日(日)14時34分47秒
返信・引用
  アメリカのTVドラマは好きなので見てると
稀にだけどチェス対局のシーンが出てくる
ちゃんと作られているなら気にならないが
ポジションがおかしいとイヤに気になるな
スタートレックの3Dチェスは出してもいいよ
誰もポジションの評価ができないから
デットゾーンの主人公のチェスのシーンは
見てて特にポジションには問題なかったが
クリミナルマインドは変だと身体が反応した
指しているスペンサー・リード役は IQ187 で
元チェスチャンピオンの設定のはずが
ゲーム内容と合っていないと感じてしまった
それで素直に見てて楽しむことが難しかった
センターで駒の交換をしてるのだが双方の
キングとクイーンはそのままの位置から
動いていないなんて通常ありえないだろう
ポジションが気になりのめり込めなかった
シーンを作るのなら少し知識の有る人に
正しいのかどうか見てもらわないのだろうか
刑事ドラマで事件にチェスを絡ませるなら
ポジションに違和感が有ると謎解きも
正しいのかどうかと見てて白けてしまう
世界チャンピオンの設定でのドラマが
有ると聞きました見たことないけど
ちゃんと作られているのだろうか
主人公はロシア出身となっています
事故のトラウマから部屋からでられない
設定で謎解きをする構成ということです
昔に鬼刑事アイアンサイドというのがあり
主人公は歩けないという設定で謎解き専門
だったと思いましたが同じようなものか
NHK で内藤国雄さんが出てた将棋関連の
朝のドラマがあったのを思い出しました
チェスプレイヤーでも本人役で出て欲しいね
スタートレックの中では S. ホーキング氏が
本人役で出演してたから少し期待したいな
映画やドラマを見てて能天気なシーンが
出てくるとなんか不快感が起こってくる
不用意な行動が無いと事件が起きないから
仕方ないとは思うが少し工夫が欲しいね
車のシーンで被害者が駐車場や道路で一直線に
走りながら跳ねられるのはいただけない
 

Pエンディング

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 4月21日(金)20時21分46秒
返信・引用
  参考図は52.Qd6 のチェックに対して e4 に
あったクイーンを Qe6 とぶつけた手は実に
勇気ある手ですがブランダーで黒の失敗です
チェックでキングが下に下がればドローでした
白からクイーンエンディングを続けて b ポーン
を押し進めるて勝つという手順はありません
それを恐れてのパニックだっのでしょうか
ドロー嫌さに間違うというのは良くあります
白のクイーン交換回避だけの読みかもしれません
しかしポーンエンディング時にはパスポーンが
あるほうが有利なんだと理解していれば読みが
変わっていてドローだと思い至れたでしょう
52.Qd6 Qe6 53.Qe6 Ke6 54.Kg3 Kf5 55.b4
パスポーンはキングで止めないとダメなので
黒キングは b まで行くことになります
戦線離脱と同じで黒がドローにするには
キングサイドでのポーン交換しかありませんが
チャンスが巡ってきた白には応じられません
Ke4 56.b5 Kd5 57. Kf3 Kc5 58.Ke4 Kb5
59.Kf5 g4 60.Kg5 Kc5 61.Kh5 g3 62.Kg4
Kd6 63. Kxg3 Ke5(参考図)
残り1ポーンのポーンエンディングでは
ポーンの前にキングがあるポジションは
ポーンを進める手渡しがあるなら勝ち局面です
黒はキング同士が対面となるオポジションを
維持ができないので必ず下段に落とされます
64.Kg4 Kf6 65.Kh5 Kg7 66.Kg5 Kf7 67.Kh6
Kg8 68.Kg6 Kf8 69.Kh7 Kf7 70.g4 Kf6
71.Kh6 Kf7 72.g5 Kg8 73.Kg6(参考図)
ここまで来るとハッキリと分かりますね
入門書にもたいがい載っているポジションです
エンディングの基本で手番がどちらであっても
クイーンを作る手順を防ぐことができません
場数を踏めばクイーン交換時にこの局面が見えます
これはパターン認識力が導きだすイメージです
一直線で手を読むのではなく感じでの決定です
手順は長いですが難しいということはありません
何回か経験を積み重ねるだけで理解できます
Kh8 74.Kf7 1-0
アマはダメ元で手を進めることの方が多いです
さすがにメイトまで指す方は少ないですがね
 

ポーンプッシュ

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 4月19日(水)20時12分56秒
返信・引用
  エンドゲームの真髄はクイーンを作ること
それゆえポーンを押すのが何よりも重要です
ポーンを押すに押したゲームからです
参考図の出だしはキングズギャンビットでした
白に上手く指されてピースダウンとなりましが
黒の利はルークが7段目有ることでキングを
牽制しているのとパスポーンが多くある事です
コンピュータの評価はほぼ互角とのことでした
しかしアマでは攻めてる方がほぼ勝ちます
私の感覚からですがパスポーンは2点と
数えるようにしていますしそう教えています
経験からパスポーンは常に脅威となりえるので
先ず排除するのが当面のプランだからです
パスポーンも1点とするのはコロビの元です
ト金の排除と同じで何を置いても優先です
29.Rf1 g6 30.Rf2 Rd3 31.Kf1 Kf7
32.Ke2 Kf6 33.Rf1 Rh3 34.Bd6 g5
35.Rf2 f4 36.Kf1(Bf4 gf4 37.Rf4) Kf5
37.Bc5 b6 38.Bd4 Rd3(参考図)
途中白はイーブンのチャンスがありましたが
ピースとポーンの交換を躊躇した為に
パスポーンの押しで黒がすでに勝勢です
白はルーク交換を避けるのが正しい手です
交換となれば白からクイーンサイドのポーンを
押す手が脅威となり止められないからです
単独のポーンよりも連なったポーンはより
強力なのが参考図から分かると思います
エンディングではキングの前進も不可欠で
スクラムの感じて押し出せたのが幸運でした
39.Re2 g4 40.Ke1 Rh3 41.Kf1 h5
42.Kg1 h4 43.a4 g3 44.hg3 hg3 45.b4
f3 46.Rc2 g2(参考図) 47.Kf2?(Rg2)
Rh1 48.Kg3 g1Q 49.Bg1 Rg1 50.Kh2
Rg6 51.c4 e3 0-1
ルークとポーンの2枚替えでも黒の勝勢は
動かないのですが本譜よりは粘れましたか
ポーンがビショップに取られないようにと
ビショップと違うマスに置くのが良いか
どうかは進行の読みと局面によります
通常はキングはチェックが入らないように
ビショップと違うマスから動かずものです
 

ツークツワンク

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 4月17日(月)16時46分8秒
返信・引用
  エンディングでは互いに指せる手は限りがあり
その中から有効と思われる手は少なくなって
来くるのでそこで相手の手を限定させることは
テクニックとして知っておく事でもあります
相手の手を限定させる事がツークツワンクです
ツークツワンクに導くのはとても重要なんです
出だし図からの手順は省きますがセンターにある
ナイトが強力なのと白ポーンの押しが的確でした
通常エクスチェンジアップは勝ちと判断します
2図は白のエクスチェンジダウンではありますが
双方にパスポーンがありますが形成は白勝勢です
参考図から Kf6 から Ke7 と指しましたか敗着です
キングが e7 に下がっても c6 と b7 のポーンを
はらうための通れるルートは有りません
では代わりの手となるとなにが残るかです
ルークは横にしか動けないのとポーンだけです
34. ... a3 とポーンを捨てる手が正しい手でした
黒がポーンを捨てざるを得ないというのは
ツークツワンクになっているという事です
34. ... a3 35.Na3 Ke5 36.Nc2 Kd5 37.Nb4
Kc5 38.Na6 Kc6 39.b8Q Rb8 40.Nb8
白がピースアップですので勝勢ですけど
ナイトの位置が悪いので黒は頑張れました
a のパスポーンを無視しルークの横キキを
遮断できたので白が先にクイーンを作りました
35.Nb6 a3(cb6 c7 35. ... Rb8 36.Na4)
36.Nc8 Kf7 37.b8Q a2 38.Qc7 Kg6
39.Ne7 Kf6 40.Qd8 a1Q 40.Qd4 Qd4
41.ed4 Ke7 42.Ke4 1-0
クイーンをぶつけた所では別法が有ります
Qh8  Ke7 で a1 にあるのクイーンを抜く手と
40.Qf8 Ke5 41.Qg7# がありした
コンピュータの指摘ですが読んでません
お互いのクイーンを消してナイトを取られても
読みが優しい手を選んで勝勢を確保しました
コンピュータ的には疑問か悪手ですが
限られた時間内では複雑な手順より局面が
明解となる手を選択するのが人の読みです
1ポーンアップのエンディングではポーンが
多い方が負けることはほんの稀な出来事です
リザイン以後は慣れれば手を読む必要はなく
手を進めることで白の勝ちが近づきます
 

ポーンの生命力

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 4月15日(土)19時45分7秒
返信・引用
  エンディングではポーンがメインになります
いかにクイーンを作るかが勝敗だからです
だからパスポーンを押し進める事が
エンディングでの最優先のプランとなります
ピースでポーンを除去するのは自軍のポーンを
クイーンに成れる可能性を増やす行為です
参考図で黒が私で白は Re1 と Re2 を繰り返して
ドローを選んびましたが局面は白の勝ちです
負けは見えていてまずかったなと思っていたので
相手が諦めてくれて大変ラッキーでした
スグにクイーンを作るのはルークで取られるので
ほんの少し工夫すれば良いだけの簡単な手順です
Rf1 a2 Nf8 a1Q h8Q で白勝ちでしたね
黒のクイーンが先に出来ますが除去できます
白はルークの横キキの遮断でクイーンを作れます
そこに思い到れば優しい手順でしたね
エンディングはピースよりもポーンが命です
そこでポーンを押せればそれが正着となります
読みの裏付けがないと悪手となりかねませんけど
参考図は白が Na5 から Nc4 と指して黒番です
こういうポジションを見てコンビネーションを
即座に察知することがパターン認識力です
この察知するは読むより感じることが重要です
向上させるには問題を2・3000を解くのと
先人達のゲームを2・3000局並べることです
手を読む基本の基本は取ることから考えるです
だから Rc4 と指すのが正しい手となります
bc4 b3 Rd1 ポーンでポーンを取ると d2 で
白はクイーンを作る手が防げません
b2 c5 Nd4 Kf1? Nc2 c6 Ne3 fe3 c2 0-1
黒はエクスチェンジダウンですのでクイーンを
作れないのでは簡単に負けてしまいます
黒の c2 に対して白のルークを逃げても黒が
先にクイーンを作り白はクイーンを作れません
チェックの位置に行く Kf1 は悪手です
f3 Kf7 Kf2 Nc2 c6 Ne3 c7 c2 c8Q d1Q
白は先にクイーンを作ることが出来きますが
黒がクイーンを作った残りの局面は黒勝ちです。
残っている b2 のポーンが強力すぎますね。
 

アレヒン2

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 4月13日(木)18時01分15秒
返信・引用
  色んな人とゲームをしてますと驚かされます
1.e4 Nf6 2.Bc4
こちらは ECO ll に少し載っています
白の狙いの次の手は一目 Bf7 と分かりますね
この手は上級者では疑問手レベルでしょうかね
黒が 2. ... e5 ならば特に波乱は起こりません
1.e4 e5 のゲームなら有るゲームのながれです
シシリアンのラインでも同様の手がありました
私はセンターポーンは取ることにしてます
手を考えるに当たっては自分の主張を通すか
相手の狙いを防ぐのかのどちらかなんですが
相手の指したい手を指させて局面を誘導して
自分の利となるならこれが勝ちやすいです
もっとも相手の狙いが分からないと出来ませんが
だから狙いを察知するかはとても重要なんですね
相手の手に乗って捌く事もままおこります
2. ... Ne4 3.Bf7 Kf7 4.Qh5 g6 5.Qd5 e6
6.Qe4 Bg7
白はクイーンは大活躍の動きですが駒数同じ
となると序盤ですので展開の差が評価です
どう判断するかで選択するかどうか決まります
Alehine Defense といえば80年後半に
日本チャンピオンになったシュミット氏が
得意としていたオープンニングでした
GMアルバートの模倣をしてたためです
e4 にアレヒン d4 にはベンコーでした
1988 Anand - Schmidt 1-0 の検討を
横で見ていましたが黒やや良しの評価に
アナンドも同意していたのを見ていて
GM といえども研究していないラインが
あるんだなとの感想を持ちました。
中盤以降は自力の差で押しきっていましたが
アナンドが世界チャンピオンになったので
シュミット氏には貴重な対局となりましたね
棋譜に興味があるのなら iPhone のチェス
アプリを手に入れれば中にはいっています
Grandmasters Archive では年数で
vChess Viewer でB05で探して下さい。
アンドロイドに有るかどうかはしりません
 

アレヒン

 投稿者:高島文治  投稿日:2017年 4月11日(火)19時40分10秒
返信・引用
  最近の黒は Alehine を採用しています
1.e4 Nf5 2.e5 Nd5 まではお約束ですかね
ルイロペスにならないのなら駒交換が起きず
ゴチャゴチャするオープンニングであるなら
下手相手ならば戦えるだろうとの読みです。
シシリアンニムゾビッチ(1.e4 c5 2.Nf3 Nf6)
を指していた事もありますから大した違いは
ないだろうというのが採用の動機です。
Nf3 と c5 の交換がはいればニムゾビッチ
カロカン(1.e4 c6 2.d4 d5)を指すよりは
いい感じの感触で推移していると思えます。
ただ心配しているのは手順前後のフレンチに
戻らないかどうかが気がかりとなっています
クローズドゲームは好みではないからです
白マスのビショップが早めにでれれば黒が
やや指し易いというのが感想かな。
GM でもたまに採用して指していますね
スパスキー・フィッシャー戦の13ラウンド
の黒勝ちのゲームは有名でしょうし
19ラウンドにも採用したせいでしょうか
アメリカの GMアルバートは多用してました
ハメ手を指している積もりはないのですが
自らコロガル人は何処にも必ずいるんですね
私が普段指している人は lichess でも
上位者の3%の人なのですが定跡知らず
なのかたまたまなのか稀にころんでます
1.e4 Nf6 2.Nc3 d5 3.e5 Nfd7 4.d4 c5
5.Nd5? cd4
始まったばかりですがすでに白が敗勢です
4手目の d4 は 私が持っています encylopaedia
of chess mpenings ll には載ってないですね
d4 e6 はフレンチを見てくれとなってます
chessbase を見て指してますから間違いません
2手目が疑問手ですかね勝率が45%に落ちます
狙いが2つあるとどちらかを見落とすようですね
5.Qd4 なら Nc6 ではなく Nb6 でピンが厳しい
続けて 6.c4 e6+- 6.Bb4 Nc6 7.c4 e6+- で黒勝
5.Nf3 Qa5 6.c3 Qd4+- ピースが落ちれば
カウンターがないと気持ちが続けられないので
早々と白は諦めてリザインしますね
 

レンタル掲示板
/24