teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ホームページ相互リンク願い

 投稿者:名古屋発明研究会  投稿日:2015年 7月12日(日)11時51分33秒
  担当者様
はじめまして
お世話になります。
名古屋発明研究会の丸野と申します。

当会は昨年6月発足し、1年経過とともに
全国日曜発明学校の仲間入りをさせて頂きました。
そこで
伝統ある貴会のホームページに相互リンクをお願いしたいのですが
ご検討宜しくお願い申しあげます。

http://www.medias.ne.jp/~n-maruno

 
 

hp相互リンク願い

 投稿者:名古屋発明研究会  投稿日:2015年 7月12日(日)11時48分21秒
  担当者様
はじめまして
お世話になります。
名古屋発明研究会の丸野と申します。

当会は昨年6月発足し、1年経過とともに
全国日曜発明学校の仲間入りをさせて頂きました。
そこで
伝統ある貴会のホームページに相互リンクをお願いしたいのですが
ご検討宜しくお願い申しあげます。

http://medias.ne.jp/~n-maruno

 

見てきましたよー

 投稿者:^北田 英世  投稿日:2013年 8月22日(木)19時43分32秒
  例会で、駒田副会長さんから紹介と説明のあった、太陽光発電を農地に設置して農作にあたえる
影響についての研究施設を早速みにいってまいりました。
私の行った午前八時で10.5kwの発電量でした。私の、予想では80-90kw発電できそうに
おもえました。これが、どれぐらいの量かわかりませんが、とにかく現物はでっかいものです。
装置には、いろいろな工夫が見て取れます、このつづきは、また、
 

年次会報2013

 投稿者:日向発明研究会  投稿日:2013年 4月30日(火)00時20分38秒
  姫路発明研究会 御中

年次会報2013 ひめじ 受取りました。
ありがとうございます。

貴会のますますのご発展を祈念します。
 

「人工降雨」の発明者は、もてあそばれた。

 投稿者:ねこ  投稿日:2013年 2月12日(火)13時52分55秒
  「人工降雨」の発明者は、もてあそばれた。
http://park.geocities.jp/j_con4/0204/p045.html#page300
中には、必ず人工降雨を発案し、世間に公表し喝采を受ける者が出る。
だが、「裏の人工降雨破壊部隊」は、その結果をメチャクチャにかき回す。
つまり、日照りで雨を降らしてくれと頼むと、大洪水が襲い、
雨を止めてほしいと頼むと、日照りがいつまでも続く。
こうして、人々は個人の発明者を「インチキ」と考えたり、「邪教」と考え。
発明者は、瞬く間に世間から消えていく。
「悪の組織」の破壊力は「善」を何十倍も上回る。
( http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/01/p005.html )
 

教えて

 投稿者:さくら  投稿日:2012年12月22日(土)20時20分24秒
  画像の説明がみれません、私はPC音痴のため、操作方法がわかりません。

http://www.kawa-syo.com

 

ホームページ

 投稿者:なかさん  投稿日:2012年 7月 3日(火)16時20分7秒
  ホームページが新しくなりました
どんなことになっているか1度は確認しましょう
 

実施権販売

 投稿者:最首  投稿日:2012年 6月 6日(水)12時05分2秒
  東京で発明学会に所属してます最首と申します。

以遠に阪神大震災を映像で見て、中央層のビルで1階が崩壊し、座屈しているビルを見ました。

東北でも、支援物資のある避難所に行けない事で、餓死するニュースも去年放映されてました。

中高層のビルの1階が座屈し2階以上の構築物が残れば出るに出られなくなり、東京でそんな状態になったら、多くの人が避難所にたどり着けないだろうと思います。

また、4年以内に関東、東海、南海に大地震が起きると政府も発表して居るので、こんな器具を考案し特許権を得ましたが、日本の生産法では安全第一の元作ってはいけないものになってます。

震災は法の下には遣ってくるものではなく、来れば必ずや法外の被害をもたらせる。それに備える器具に生産法を適用するほうがおかしいと思いませんか?

今、考案した「降下器(特許 第4875730号)」の商品化してくれる企業を探してます。

この降下器は、最初の人を確実におろすために、降下器にロープを2巻以上で使用し、侍従の減衰と降下速度の減少をはかって降りることで、確実に地上に降り、次の人のために地上で支点となるフックやカラビナを設け、ロープを通して支点とし、本人は落下地点より離れて、次の人の降下操作をすることで、ぶら下がっている人を地上に降ろす事ができる。

災害時においては威力を発揮するものですが、現状の生産法の下生産者が作ることを拒まれ、形になら無い。

これを使うことで、新卒者の雇用にもなり、建設業の就労に他のものにはできない技術として就労にも繋がります。

作ることで製造業に、使い方を教えることでスポーツ産業などに、使うことで建設業などで無足場施工として大いに雇用を生み出す。

何より、市街地を見れば中高層のビルで地形が弾劾絶壁環境になっている市街地にいざと言う災害時に防災器具として地上に降り立つ道具として役立つだろうと思います。

自業を逸脱しても生産しようと言う企業にとっては自己商品になる物です。
そんな商品を生産販売しようと言う企業は居ないでしょうか、

特許は去年の12月に取得済みです。
 

是澤さま

 投稿者:中村です  投稿日:2012年 5月 6日(日)11時30分6秒
  年次会報の受取報告ありがとうございました
今後ともよろしくお願いいたします
 

年次会報2012 Vol.27

 投稿者:日向発明研究会  投稿日:2012年 4月29日(日)13時06分23秒
  お世話になっております、日向発明研究会の是澤です。
年次会報2012 Vol.27を受け取りました。
ありがとうございます。

貴会のますますのご発展を祈念申し上げます。
 

レンタル掲示板
/28